先日の丸和カップ第2戦の車載カメラ映像です。


コースレイアウトは写真の通り、金曜日に大雨が降りコース一番奥のエリアが水没して使用出来ず、少し短縮したレイアウトでの開催となりました。


IMG_20200916_100217


まずは第1ヒート、タイヤは74R。


 


前のクラスの走行を見ていて最初のS字で姿勢を乱す選手が多かったのでかなり慎重に走ったのですが、思ったよりグリップがあって抑え過ぎたかなという感じ。 バックストレートから左コーナーへ向けたブレーキングは完全に踏み始めが早すぎて大きくタイムロス。


そして第2ヒート、タイヤは74R。



最初のS字は1本目に意外とグリップしたので2本目は少し攻め気味で行ったら危うくクラッシュするところでした。なんとか立て直して走行を続けましたが全体的に進入で少し突っ込み過ぎた走り。バックストレートエンドのブレーキングはまだ早すぎました。


第2ヒート終了後に慣熟歩行があり、第3ヒートはドライタイヤだなと思って88Rを装着したところ雨が! そんなに強い雨ではなかったのですがこのまま降り続くと予想して74Rに戻しました。 ところがR1クラス出走前に雨は上がって88Rでも行けそうな感じでしたが、もうタイヤを交換する時間はないので74Rで行くことに。


という訳で第3ヒート、タイヤは結局74R。



2本目で危なかったので最初のS字はビビりながらの走行になってしまって攻めきれず、バックストレートエンドのブレーキングは立ち上がり側の路面が荒れていたので少し余裕を残しておいて丁度良かった感じ。


結果は3位、優勝したアクション小Y選手のEK9、2位のメープル稲B選手のDC5のタイムには届かず、コース一番奥のセクションが使えれば低速コーナーが2~3追加されてZC33Sにもチャンスがあったかなと思いますが、今回のハイスピードコースでは3位で良しとしましょう。


丸和カップ第3戦は9月27日(日)に開催されます。 第3戦では試験的に舗装比率20%以上のコースを設定するということですので、2本目3本目のタイヤで悩むことになるかもしれませんね。