全日本ダートラ第1戦・京都、車載カメラの映像です。


コースはロングストレート4本と大小の180度コーナー中心のレイアウトで、外周左回りは昨年とは逆回りの設定。


JDC1_Kyoto


まずは第1ヒート。 タイヤは74R。


前日の雨でウェット路面でのスタートとなりましたが、当日の天気は晴れで路面状況が改善する第2ヒート勝負となることは明らかだったため、前半セクションは無理せずライン取りの確認、後半セクションはそこそこ攻めて無事にゴール。 前半の遅れが大きくタイムは5番手。


第1ヒート中盤から刻々と路面が乾いて行き、第1ヒート終了時点では砂埃が舞うドライ路面に。 しかし、第2ヒート開始前に散水が行われ気温も低かったためタイヤ選択に悩みましたが、自分の出走時点では散水の影響が残ると考えて74Rを選択。


そして第2ヒート。 タイヤは74R。


1コーナーで路面状況をチェックして、この時点で予想よりも路面が乾いていることを確認、2コーナーから攻めの走りに転じて進入ラインと姿勢は良かったのですが、コーナー中盤からリヤが大きくスライド、姿勢を立て直すも失速して立ち上がり加速も鈍り大きくタイムロス。 その後は大きなミスなく走り切ってゴールしましたが、結果は残念ながら4位でした。


PN2クラスの上位3台はドライタイヤだったので、その場では88Rが正解だったのかなと思いましたが、PN1とPN3は74Rが優勝しており、帰ってから自分の走行データをチェックしたところ、2コーナーでのミスが無ければ74Rでも十分勝負出来ていたことが確認出来ましたので、タイヤ選択は間違っていなかったと思います。 1コーナーを抜けた時点で予想よりも路面が乾いていたことで、2コーナーを少し攻め過ぎてしまったことが悔やまれますね。

 

4月5日(日)に開催される第2戦の恋の浦ラウンドでは優勝出来るように、また全力で頑張ります!