スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2019年09月

全日本ダートラ第9戦・今庄 写真&動画

全日本ダートラ第9戦・今庄の写真をCMSC須賀健太郎様よりいただきました。 コンドウツトム様撮影の走行動画とあわせてご紹介させていただきます。

まずは第1ヒート。


kawaishi IMJ_5802a

kawaishi IMJ_5840a
 

第1ヒートは天気は晴れでしたが散水の影響でウェット路面という状況でした。

 

続いて第2ヒート。

 

kawaishi IMJ2_2261a

kawaishi IMJ2_2268a

kawaishi IMJ2_2271a
 

PN2クラスは第2ヒートも散水の影響を受けることが多いのですが、今庄戦では見事に散水も乾いて砂埃が立ち上がるドライ路面での走行となりました。 PNの選手にとってガチガチのドライ路面を走行している写真は貴重なのでありがたいです。

 

撮影ありがとうございました。

テクニックステージ・タカタ 練習会

少し前の話ですが、全日本ダートラ第10戦の舞台となる広島県のテクニックステージ・タカタでの練習会に参加してきました。

関東からタカタへ行くのは大変ですが、最高に楽しいコースなので少々無理してでも走りに行きたくなってしまいます。 今回の練習会は数日前までの天気予報では雨の確率が高かったのですが、当日は有り難いことに晴れて気持ちよく走れました。

DSC_0001

毎年タカタでの全日本前の練習会は大盛況で、1日中スタート待ちの行列に並んでもあまり多くの本数は走れないことが多いのですが、今回は前後の大会や練習会との兼ね合いで参加出来る選手が少なく、10台くらいしか参加者がいなくて好きなタイミングで走り放題という夢のような状況でした。

さっそく砂利の多い散水ウェット路面を74を履いて走り始めたのですが、2本走ってパドックに戻ってきたら左リヤタイヤがパンクしてペタンコに。 今回リヤ用の74にはチューブ入れてなかったけど、どこにもぶつけてないのになぁと思っていたら、ホイールとキャリパーの間に大きめの石が挟まったためホイールの内側に穴が開いてしまったようです。 そう言えば2本目ゴール後に後ろからゴリゴリ大きな音が聞こえてました。

DSC_0002

このホイールは舗装用の軽量ホイールで薄く作られているため、以前にも練習会でホイール内側に穴が開いてしまったことがあるので、今は基本的には練習会用にして全日本の決勝では使わないように、使う場合も路面の良いコースでフロントに使うようにしています。

せっかく気合を入れてバリ山のタイヤを持ってきたのですが、こういうこともあろうかと5分山くらいの74も予備で持ってきていたので、それを使って午前の走行を続行。

今年は台数が少ないので午前の走行が終わっても例年の練習会のようには砂利が掃けませんでしたが、5分山だった74も完全に山がなくなってしまったので午後は88Rに交換して走行。 少し砂利は残っていましたがライン上は十分なグリップ感があって、こちらも山がなくなるまで気持ちよく走らせてもらいました。

DSC_0003

帰りの移動だけでも重労働でしたが、久々に大好きなタカタを思う存分に走れて良い練習になりました。

ここのところ3戦連続で2位に終わって悔しい思いをしているので、全日本ダートラ最終戦のタカタでは絶対に優勝します!

全日本ダートラ第9戦・今庄 車載カメラ&写真

先日オートパーク今庄で開催された全日本ダートラ第9戦の車載カメラ映像です。


コースレイアウトは昨年の今庄戦と同じで最後の島回りだけ変更されています。


imajyo1

埃対策のための散水量も多めで競技開始前の段階ではウェット路面でしたが、走行時にどこまで乾くか各選手で予想が分かれたようで、PN2クラスではウェットからスーパードライまでタイヤ選択が分かれました。


第1ヒート。 タイヤは74R。


コースが少々乾いたとしてもライン上が濡れていればウェットタイヤの方が速いと考え74Rを選択しましたが、結果的には普通にウェット路面だったので74Rで正解でした。

 

コース後半、上段に上がって右に曲がるコーナーでリヤが大きく流れて修正が必要になりましたが、それ以外は大きなミスなく2位にコンマ9秒差をつけるトップタイムでゴール。

 

昼休みに散水があり第2ヒートのタイヤ選択もPN2クラスはドライかスーパードライかで分かれましたが、僕は走行時には少し散水が残っているだろうと予想して88Rを選択。

 

実際のところは予想以上に散水の乾きが早くて完全なドライ路面になっていましたが、今庄での練習走行では185サイズの95Rと195サイズの88Rでタイム差はほとんどなかったので、88Rで勝てると信じてスタート。

 

残念ながら第2ヒートの車載映像が撮れていませんでしたので、ギャラリーの方が撮影して下さった写真を掲載させていただきます。

 

item (3)

item (2)

item (5)

item (6)
 

ミスなく手応えある走りでゴールしベストタイム更新。 しかし、今回チャンピオン決定の懸かる宝D選手に抜かれ2位に終わりました。 その差は1000分の54秒という僅差でした。

 

あとでロガーのデータを確認したところ、最後の島回りでウェット路面だった第1ヒートよりも遅い車速でターンしている部分が一か所ありましたので、最後の最後で少し慎重になって攻め切れていなかったのかもしれませんね。

 

今シーズンも残すところあと1戦。 最後のタカタ戦では今度こそ優勝出来るように頑張ります!

全日本ダートラ第9戦・今庄 決勝3

全日本ダートラ第9戦・今庄、終了しました。

PN2クラスの結果は、優勝は宝D選手、チャンピオン決定おめでとうございます。 僕は1000分の54秒差の2位、 3位は地元のM枝選手となりました。

DSC_0003

第2ヒートのタイヤ選択は各選手でスーパードライとドライで分かれましたが、僕は昼休みの散水の具合から予想してドライを選択。 スタートからコース終盤までは良い走りでしたが、最後の島回りで若干大回りになった所があったのが悔やまれます。

最終戦のタカタでは今度こそ勝てるように頑張ります!

全日本ダートラ第9戦・今庄 決勝2

DSC_0002

全日本ダートラ第9戦・今庄、PN2クラスの第1ヒートの結果です。

トップは僕、2番手に地元中部のM枝選手、3番手にヴィッツの川S選手となりました。

天気は快晴ですがしっかり散水されてウェット路面となったPN2クラスの第1ヒート、各選手のタイヤ選択がウェットからスーパードライまで分かれましたが、結果的にはトップ二台はウェットタイヤでした。

第2ヒートのタイヤ選択も昼休みの散水状況で各選手変わってくると思いますが、第2ヒートも全力で頑張ります!

ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ