スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2016年03月

近畿ダートラ第1戦 in コスモスパーク

3月27日(日)に京都のコスモスパークで開催された近畿ダートラ第1戦にNSXで参加しました。

NSXでは昨年のJAFカップ以来のダート走行になりますが、流石にぶっつけ本番でコスモスパークを走れる自信はなかったので、NSXでのドライビング感覚を取り戻すべく前日に今庄のフリー走行に参加。

イメージ 6

イメージ 1

例によって最初はNSXに振り回されてコントロールできませんでしたが、3本目あたりからはNSXの走り方を思い出してきて、結局午前中に5本走ってタイム&フィーリングともに良い感じに。 午後も少し走って自信をもってNSXをコントロール出来るようになりました。

午後一の散水路面での車載です。



で、いよいよ翌日が本番。
近畿ダートラ開幕戦、S1クラスには11台がエントリー。

イメージ 2

イメージ 7


当日のコースレイアウトは写真の通りです。

イメージ 3


コスモスパークを走るのは2012年のJAFカップ以来ですが、新しい道が出来ていたりJAFカップとは逆回りだったりで、半分くらいは初めて走るコーナーという感じでした。

慣熟歩行時点では路面は思った程は荒れてませんでしたが、第2ヒートには結構荒れてきそうな感じ。 また今回のコースレイアウトだとMR車が苦手な奥で回り込むコーナーが多かったため、荒れた路面で姿勢を乱さないよう丁寧に走って立ち上がりで踏める形を作れるかどうかがポイントでした。


まずは第1ヒート。タイヤは前87/後87RW。


1~2コーナーはまずまず。 コース奥に向かう微妙に曲がったストレートから一番奥の左中速コーナーは慎重に探りながらの走行で踏み切れず。 ストレートからの180°ターン2回はまずまず。 ギャラリー前の変則8の字区間は姿勢作りのタイミングやラインどりがイマイチで、しかも自分の巻き上げた砂埃で視界を奪われ最終コーナー手前の左コーナーでラインを外しタイムロス。 最終コーナーはまずまず。

第1ヒートの結果は5位。

以前走ったことのある部分はそれなりに走れましたが、やはり今回初めて走る部分が攻めきれませんでしたね。 タイヤ的には軽量FF勢は皆さんウェットタイヤでしたが、NSX的には87RWで正解だったと思います。

昼の慣熟歩行で路面状況を確認した感じでは噂に聞くほどは荒れてませんでしたが、何か所かNSXにとっては辛そうなそうなコーナーがありましたので、姿勢を乱さないようにドリフトは最小限に抑えてグリップ気味に走ること、行きのストレートを踏み切ること、一番奥のコーナーを攻めること、変則8の字区間の走りの修正、を心掛けて表彰台を狙いました。


という訳で第2ヒート。タイヤは前87/後87RW。


一番奥の左中速コーナーは第1ヒートよりは踏めてましたが、少々路面がバンピーだったこともあって攻め切れませんでしたね。 変則8の字区間では、ロングストレートから入ってくる最初の右ターンで姿勢が乱れてタイムロスしましたが、その後は大体イメージ通りまとめられたと思います。 最終コーナーはベストラインが結構路面が荒れていたので少しアウト側に避けるイメージでしたが、イメージよりも大きくアウト側に出すぎてしまいタイムロス。

ゴールした時点ではベストタイムを更新しましたが、結果は残念ながら表彰台には届かず5位でした。

イメージ 4

表彰式でさっそく当日の走行写真を入れた楯をいただきましたが、くるっと曲がっていて面白い形の楯でした。

イメージ 5

今回は上位陣のタイム差が少なく接戦でしたので、路面の荒れ具合やコースレイアウトにもよりますが、NSXでも頑張ればコスモスパークでも表彰台を狙えそうですね。

NSXでの久々の実戦、そして久々のコスモスパークでしたが、まいうーさんや近畿の皆さんに温かく迎えていただき楽しむことが出来ました。 ありがとうございました。

全日本ダートラ第1戦・丸和 外撮り映像(追加)

全日本ダートラ第1戦・丸和、外撮り動画の追加です。
ダートラファンにはお馴染みの CE9Aboro3 さんが久々に撮影して下さいました。

まずは第1ヒート。 
スタートゴール付近のギャラリースタンドからの映像。 PN2から始まります。


そして第2ヒート。
一番奥のコーナーの土手の上からの撮影。 PN2は7分50秒から。


CE9Aboro3さん、撮影ありがとうございました。
特に第2ヒートの後半は色々と確認したいことがあったので非常に参考になりました。

全日本ダートラ第1戦・丸和 車載カメラ&外撮り映像

全日本ダートラ第1戦・丸和の車載カメラとコンドウツトム様撮影の外撮り映像です。

コースレイアウトは写真の通り、前半は中低速コーナー中心、後半は高速コーナー中心というレイアウトでした。

イメージ 1


まずは第1ヒート。 タイヤは87RW。



前半のKYBコーナー進入でドアンダーになって失敗。 普段の丸和のグリップ感ならピッタリの進入スピードだったと思いますが、この日は非常に滑りやすい路面になっており、走り慣れた地元の選手にとっては逆に難しいコーナーとなっていました。 その後はまずまずの走りで大きなミスなくゴール。

第1ヒートは6位でしたが、DLのドライタイヤではトップ。 上位のDL勢はウェットタイヤを使用しており、散水で滑りやすい路面に加えて公開練習で使っていない区間は砂利路面だったので、第1ヒートに関してはウェットタイヤが正解だったのかな。


続いて第2ヒート。 タイヤは87RW。



前半は第1ヒートミスした個所も修正して中間計測地点はかなり好タイムでクリアしたみたいですが、後半でタイムが伸びず6位に終わってしまいました。 何人か走りを見ていた方々から「前半速かったのに後半どうしたの?」と言われましたが、後半いくつか細かいミスはありましたが大きくタイムロスした個所はなく、自分としても手応えがある走りだったのでガックリでした。

その後のGPSデータの分析でタイムロスした個所は特定出来ましたので、次戦以降はそのあたりのドライビング面を修正して細かいロスをなくすとともに、高速セクションでタイムを稼げるように車の方も改善して行きたいと思います。

オマケで結構速かった公開練習の車載も載せておきます。


全日本ダートラ第1戦・丸和・決勝3

イメージ 1

全日本ダートラ第1戦・丸和、競技が終了しました。

PN2クラスの結果は写真の通り優勝はデミオターボのK島選手、2位にヴィッツターボのS井選手、3位にオクヤマ須D選手となりました。

僕は残念ながら6位で順位を上げられませんでした。

前半はミスなく走れて中間タイムも良かったみたいなのですが、後半で遅れてタイムを伸ばせませんでした。

見ていた皆さんからも前半良かったのに後半どうしたの?と聞かれたのですが、とくに大きなミスもなく自分としては結構手応えがある走りだったので、強いて言えば抑えすぎて攻めきれていなかったのかな。

今日の帰り道は自走なので、何が悪かったのか反省しながら帰りたいと思います。

では皆さんお疲れ様でした。

全日本ダートラ第1戦・丸和・決勝2

イメージ 1

全日本ダートラ第1戦・丸和、PN2クラスの第1ヒートの結果です。

トップはヴィッツターボのS井選手、2番手にデミオターボのK島選手、3番手にオクヤマの竹M選手となりました。

僕は6番手でした。

なかなか難しい路面状況で各選手タイヤ選択が分かれました。僕はドライタイヤを選択しましたが、DLで僕より上位は皆さんウェットタイヤだったので、DL的にはウェットタイヤが正解だったかな。

僕自信のドライビングにも一ヶ所大きくラインを外して失速したコーナーがあったり、いくつか修正点があるので、第2ヒートはその辺を修正して逆転出来るように頑張ります。

天気は快晴のダートラ日和です。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ