スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2016年02月

ナスカ・丸和練習会3

イメージ 1

本日の丸和練習会、無事に終了しました。

最近は普段の練習会ではなかなか右回りは走れないので、午後は何年かぶりに右回りの練習が出来て有意義な1日でした。

今日は今シーズン初走行ということで、あまりシビアな走りはせずに楽しく車を振り回して走りましたが、近々また丸和で練習する機会があるので、次回は丁寧に走って本番に備えたいと思います。

では、皆さんお疲れ様でした。

ナスカ・丸和練習会2

イメージ 1

午前中の走行を無事に終了しました。

最後にドライタイヤを履いたら、意外にグリップが良くてコーナーでイン側を引っ掛けてしまいましたが、バンパーに少し傷が付いただけで済みました。

午前はAコース左回りを楽しく走らせてもらいましたが、午後は右回りに変更ということで引き続き楽しく走りたいと思います。

ナスカ・丸和練習会1

イメージ 1

おはようございます。

今日はナスカさん主催の丸和練習会に参加しています。

先週予定していたオートランド千葉でのフリー走行をキャンセルしたため(他のコースなら少々雨が降っても走りますが千葉の雨はちょっとね…)今日が今シーズン初走行です。

3月20日の全日本ダートラ開幕戦に向けて今日は全日本ドライバーも多数走ってますね。

今年もまた僕たちのクレイジージャーニーが始まります。

86再始動

オフシーズンメンテを終えて86が戻ってきました。

今回は初めてクラッチを交換しましたが、外したクラッチの減り具合は交換が必要なレベルだったのでちょうど良いタイミングでした。 また外したクラッチ板を見ると結構反っていたので、2年間の使用で変形してしまったものと思われます。 クラッチは今後も2年で交換する必要がありそうですね。

イメージ 1

またエンジン&MTマウントも新品の強化マウントに交換しましたが、エンジンマウントの一個が割れていました。 たしか昨年交換した際も一個割れていたので、エンジンマウントは毎年交換した方が良さそうです。
 
イメージ 2
 
その他にも毎年行っているショックアブソーバーOH、ドライブシャフト交換、前後ブレーキパッド交換、リヤブレーキローター交換も実施。
 
僕のブレーキセッティングでは、なるべくABSの介入を避けたいこともあってフロントは全然効かないパッド、逆にリヤはガチガチに効くパッドになっており、リヤブレーキはパッドだけでなくローターも1年でかなり摩耗してしまうため毎年交換しています。
 
今回は念のため2年間使ってきたフロントのブレーキパッドも交換しましたが、やはり効かないパッドなので全然減っていませんでした。
 
最後に昨年の最終戦で破損して中古品に交換したフロントバンパーにステッカーを貼って作業完了です。
 
イメージ 3
 
既に各部の慣らし運転である程度の距離は走りましたので、今週末あたりダートで全開走行しようと思います。

御岳スノーランド・フリー走行 車載カメラ

先日NSXで参加した御岳スノーランドでのフリー走行の模様です。

参加者は10台くらいで、コースは鹿の瀬温泉から御岳ロープウェイまでの片道約5キロ、往復約10キロの区間です。

イメージ 1

今年は雪が少なくて主催者さんもご苦労されているようですが、今回のフリー走行は今シーズン1番と言って良いほど雪に恵まれて良コンディションとのことでした。

NSXならスタッドレスでも走れないことはないのですが、スピードレンジが低すぎて面白くないですし、路面状況によってはスタックして後続車に迷惑をかけることにもなるので、最初からスパイクタイヤで走行。

イメージ 2

NSXで使用するのはフィンランド製のブラックロケットでサイズは155/70-15です。

イメージ 3

初めて走るコースだったため、ある程度コースを覚えるまでは抑え気味で慎重に走っていましたが、3往復目あたりからは楽しくドリフトして良い感じで走れるようになってきました。

ところが、ちょうどその頃から気温も上がってきたためか、路面の雪が剥がれて舗装がむき出しになったコーナーが増えてきたため、そういうコーナーではタイヤを温存するために再び抑えて走ることに。

という訳で、午前の最後の方の車載カメラ映像です。

まずは鹿の瀬温泉から御岳ロープウェイまでの上り区間。


続いて逆走、御岳ロープウェイから鹿の瀬温泉までの下り区間です。


路面の雪が多かった時間帯はもっとドリフト多めの走りでしたが、この映像くらい抑えて走っていると見た目的にもあまり面白くないですね。   またカメラの露出が室内に合っていたため外が真っ白になってしまって、どこまでが道でどこからが雪壁だか分からない映像になってしまいましたが、まあ雰囲気だけでも伝わればと思います。

舗装が出てきたため午後はスパイク禁止ということでしたので、NSXは早々に片付けして午後は走らずに帰らせていただきました。  それでも全部で8往復、距離にして約80キロの距離を走れましたので、久々の雪上走行を十分に堪能することが出来ました。

帰ってからタイヤの状態を確認したところ、やはり舗装が出ていたためかリヤタイヤはスタッドの山(って言うのかな?)が結構減っていました。 ただスタッドが抜けたりゴムの土台が千切れたりということはなかったので、まだまだ来年以降も使えそうです。

今年走ってコース状況も良く分かりましたので、来年も御岳スノーランドのフリー走行があれば是非参加したいと思います。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ