スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権JD5(旧SA1)クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

2015年12月

年末のご挨拶

今年もご声援ありがとうございました。 また来年も2台体制で頑張ります。

では皆さん良いお年を。

イメージ 1

ショック オーバーホール

イメージ 1

僕の86はモンスタースポーツ製のサスペンションセットを使用しておりますが、1年間使ってきたショックアブソーバーを先日モンスターさんにオーバーホールに出してきました。
 
ショックアブソーバーに関してはシーズン中は全くトラブルはありませんでしたが、さすがに終盤はヘタリ気味になってしまいましたね。 本当は2年で3回くらいのペースでオーバーホール出来れば良いのですが、昨年今年とスケジュールの都合で1年に1回ペースになってしまっていますので、来年はシーズン途中でオーバーホールできるように何とかスケジュール調整したいと思います。
 
今年はサスペンションセッティングに関して色々試した結果、最終的に元の仕様に戻すという迷走の1年になってしまいましたので、来年は迷いなくドライビングに集中できるように頑張りたいと思います。

バッテリーカットターミナル

今年最後の参戦イベントである関東フェスティバルも終了しましたので、僕の長かったダートラシーズンも束の間のオフに入りました。

これからしばらくは車に乗る機会も減りますので、86&NSXともにバッテリーの放電防止のためにバッテリーカットターミナルを装着致しました。

実は86に乗り始めて2年間で2度バッテリーがあがってしまったことがあります。 車載カメラの映像を見ていただいても分かる通り、僕の86にはナビもオーディオもついておらず、必要最小限の電力しか消費しないはずなのですが、とうやらインターネット上の評判を見ても86はバッテリーが上がりやすい車のようですね。

イメージ 1

イメージ 2


バッテリーカットターミナルの装着は簡単です。 マイナス側のケーブルを外して、マイナス端子にバッテリーカットターミナルを取り付け、バッテリーカットターミナルにケーブルを取り付けるだけ。 ダイヤル部分を右に一杯まで回して締めれば通電し、ダイヤル部分を左に回して緩めれば電気が遮断されます。

バッテリーカットターミナルを取り付けることで、マイナス端子を外さなくてもダイヤルを回すだけなので作業が早くて簡単、車に乗らないときはバッテリーをカットしておけば放電しないのでバッテリーが長持ちする、というメリットがあります。 一方、バッテリーをカットする度に時計、オーディオ、ECUなどがリセットされる、というデメリットもあります。

なお、車種によってはエンジンルームのスペースの関係でバッテリーカットターミナルが装着出来ない場合もあるようですのでご注意ください。 また、マイナス端子の太さの違いに合わせて、バッテリーカットターミナルにもB端子用とD端子用がありますので、ご自分の使用している車種・バッテリーをご確認のうえで装着して下さい。 (ちなみに86はB端子、NSXはD端子。)

関東ダートラフェスティバル 車載カメラ

先日の関東ダートラフェスティバルでの車載カメラ映像です。

コースレイアウトは写真の通りです。

イメージ 1

まずは第1ヒート。タイヤは74R


360°島回りへの進入が完全にオーバースピード。 帰りの変則ストレートからのシケイン進入もオーバースピード気味でした。 思ったよりもグリップ感が薄い路面で全体的に突っ込み過ぎな走りでした。

昼休みの散水はありませんでしたが、路面の乾きが遅く砂利もまだまだ多かったので、第2ヒートもタイヤは74Rを選択

というわけで第2ヒート。


1ヒートの反省を生かして島回り進入はキッチリ抑えました。 その後も突っ込み過ぎないよう適度な進入スピードに抑えて良い感じで走れていましたが、大ヘアピンからの立ち上がりでドライブシャフト破損、第2ヒートはリタイヤとなってしまいました。 内容的には悪くない走りだったので、最後まで走り切りたかったところですが残念です。

競技終了後にコース内から車両を引き上げてパドックでドライブシャフト交換作業を開始、なんとか日が暮れる前に自走出来る状態に復旧できました。 工具やジャッキを貸して下さった皆さん、車両の引き上げや作業を手伝ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。 そのあと洗車して片付けしている間に真っ暗になってしまいましたが、お陰様で無事に帰ることが出来ました。

関東ダートラフェスティバル3

イメージ 1

関東ダートラフェスティバル、PN2クラスの第2ヒートが終了しました。

残念ながら僕はマシントラブルでリタイアとなりましたが、第1ヒートのタイムで優勝出来ましたので、チーム対抗戦での義務は果たせて良かったです。

第1ヒートの反省を生かして、低速セクション進入も適度にスピードを抑えて良い感じで走れていたのですが、大ヘアピン立ち上がりで左リヤからゴキっと音がして駆動力を失いました。

まだ競技続行中で86はコース内で置き去りのためトラブル原因は確認出来ていませんが、たぶんドライブシャフトだと思います。

関東フェスティバルが終わったらオフシーズンにドライブシャフトも交換しようと思っていたので、ちょうど計算通りの寿命だったわけですが、あと1/3周だけ耐えて欲しかったなぁ…
ギャラリー
  • 全日本ラリー 西川選手/本橋選手 おめでとう!
  • 全日本ダートラ第8戦・タカタ エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第8戦・タカタ エントリーリスト
  • テクニックステージ・タカタ走行会
  • テクニックステージ・タカタ走行会
  • テクニックステージ・タカタ走行会
  • 【10/6 修正】JD5シリーズポイント(第7戦終了時点)
  • JAFカップ・オールスターダートトライアル in 中部 規則書
  • 全日本ダートラ第7戦・今庄 写真
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ