スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2015年06月

東北ダートラ第3戦@切谷内

6月28日に青森県のサーキットパーク切谷内で開催された東北ダートラ第3戦に出場いたしました。

横浜を出発する直前の予報では大会当日の八戸の天気は雨となっていましたが、この時期は梅雨前線の動き次第で天気がコロコロ変わるし、切谷内は雨でもドライタイヤの方が速いということもあるので、積載車には74R・87RW・87R・92Rと全てのタイヤを積んで切谷内に向かいました。

結局は土曜日から雨が降り続いたため日曜日の路面コンディションはヘビーウェットとなり、また最高気温が10℃程度というこの時期としては異常な寒さの中での戦いとなったため、ドライタイヤは全く出番なく、最初からNSXに履かせていた74Rだけしか使いませんでした。 いやぁ、それにしても寒かったですわ… (^_^;)


当日のコースレイアウトは写真の通り、登り坂が多くてドライだったらNSX有利だったかなと思えるコースでしたが、ヘビーウェットコンディションでは厳しい戦いとなることが予想されました。

イメージ 1


まずは第1ヒート。
雨に加えて砂利も多くて滑りやすい状況だったのでタイヤは74R。


5月の丸和での第1戦以来となる久々のNSX全開走行のため、スタートから前半は探り探りの走りでしたがまずまずの出来。 レイクサイドの下りから登りへの折り返しは立ち上がりでアクセルを踏める形を作れずいまいち。 次の左180度ターンは失敗。 GYヘアピンもいまいち。 最終コーナーはスピンしかけたもののギリギリ持ちこたえてセーフでした。 トップは切谷内を得意とするDC2のO畑選手で、NSXは約1.2秒差の2番手でした。

路面コンディション次第では第1ヒートにミスした個所を修正すれば逆転できる可能性もあるため、その後も雨は降り続いていましたが第2ヒートも気合を入れて頑張りました。


第2ヒート。
残念ながら路面コンディションは第1ヒートよりも悪化しており、またドライタイヤが使える程は走行ラインの泥が掃けていないため、第2ヒートもタイヤは74R。




こちらはS1クラス第2ヒートの外撮り動画です。




第2ヒートでは、特にレイクサイドの下りから登りの折り返し部分とGYヘアピンの路面状況が悪かったこともあり、この2カ所は第1ヒートよりも出来が悪かったですね。 レイクサイド登り後の左ヘアピンと最終コーナーは修正出来たため僅かながらタイムアップしましたが、残念ながらトップのO畑選手の1本目のタイムにも届かず結果は2位でした。


S1クラスのリザルトは以下の通りです。

イメージ 2


優勝はDC2のO畑選手。 今シーズン初優勝、おめでとうございます!

イメージ 3


NSXは2位。 まあこのコンディションで2位なら十分でしょう。

イメージ 4


3位にS15シルビアのK濱選手。

イメージ 5


さて、東北ダートラ第4戦は福島県のエビスサーキットに新設されるダートコースで7月26日(日)に開催される予定です。 NSXも参加予定ですので、未知の新コースにNSXでどこまで対応できるか、次戦も上位でフィニッシュ出来るよう頑張ります!

全日本ダートラ第4戦@タカタ 写真(追加)

全日本ダートラ第4戦@タカタの写真をCMSC須賀健太郎様よりいただきました。
いつも撮影ありがとうございます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


さて、今週末は青森県のサーキットパーク切谷内での東北地区戦第3戦にNSXで参加します。エントリーリストは下の通りです。 

イメージ 5

7月の全日本ダートラ@切谷内の練習で参加する選手がいるので、いつもの東北地区戦に比べると台数が多めですが、NSXが参加するS1クラスは6台、全て違う車種というのがS1クラスの醍醐味ですね。

NSXは中身は特に変わりませんが、かなり傷んでいた前後バンパーとサイドステップを以前ネットオークションで入手した程度の良い中古品に交換して、外観は結構綺麗になりました。

イメージ 6

イメージ 7

スケジュールの都合で第2戦には参加できませんでしたので、NSXでのダート全開走行は5月の丸和での第1戦以来。 今回は練習なしのブッツケ本番でどこまで走れるか不安ですが、幸い積載車での移動でタイヤは全種類持って行けるので、出来るだけ上位でフィニッシュできるように頑張ります!

全日本ダートラ第4戦@タカタ 外撮り映像&写真

先日の全日本ダートラ第4戦でのPN2クラス第2ヒートの外撮り映像が動画サイト上にありましたので、こちらで紹介させていただきます。 mao12345jp様、撮影ありがとうございました。

【PN2クラス・第2ヒート(前半)】

【PN2クラス・第2ヒート(後半)】

また、加藤仁様撮影の全車の写真がFacebook上で公開されていましたので、074号車の写真をこちらで紹介させていただきます。 加藤仁様、撮影ありがとうございました。

【公開練習】
イメージ 1

【第1ヒート】
イメージ 2

【第2ヒート】
イメージ 3


全日本ダートラ第4戦@タカタ 車載カメラ

全日本ダートラ第4戦@タカタの車載カメラです。

コースレイアウトは写真の通り、キャロッセコーナー左回り、久々に立体交差上下とも使用、モンテカルロコーナーは内外周とも変則レイアウトとなっています。

イメージ 1


朝の慣熟歩行では前日の公開練習で砂利が掃けたドライ路面でしたが、慣熟歩行終了後スタート前に散水があり表面が濡れている状態となったため、第1ヒートは87RWを選択。

第1ヒート、タイヤは87RW。


キャロッセコーナーは少々突っ込み過ぎて前半外側を大回りしましたが、中間タイムはトップからコンマ5秒差の3番手でクリア。後半セクションに入ってマツタケ山の左ヘアピンで上手く姿勢を作れず大きくタイムロス、立体交差下の左コーナーはライン取りいまいち、モンテカルロコーナー外周は後半の公開練習で使っていない部分が砂利で滑りやすいため少々慎重にクリア。 結果はトップと1.5秒差の6番手。 キャロッセコーナー、マツタケ山、立体交差下を修正すれば第2ヒートは行けそうだなという感触でした。

第1ヒートのSC2からDクラスはタイヤ的には87Rが良かったみたいだし、昼の慣熟歩行中に散水はあったものの散水からスタートまでの時間が第1ヒートよりも長めだったので、第2ヒートは87Rかなとも思いましたがスタート付近から見える部分はあまり乾いていなかったので87RWを選択。


第2ヒート、タイヤは87RW。


キャロッセコーナーは今度はまずまず、ショートカット下って右からの立ち上がりで姿勢が乱れたため高速S字右までに3速に入れられず、中間タイムはトップからコンマ6秒差の4番手。 マツタケ山の左ヘアピンはまたしても失敗、立体交差下の左は良いラインで抜けたものの切り返して右の立ち上がりでリヤが大きく流れてしまいタイムロス。結果は6位でギリギリ入賞でした。

マツタケ山の左ヘアピンは普通に何度も走っているコーナーで公開練習でも普通に走れていたのですが、何故か決勝は2本とも失敗してしまいました。 地元選手と話していたらあそこはコーナー形状が微妙に変わったとか。 う~ん気付きませんでした…  タカタは得意なコースですが、今回は公開練習+決勝の3本で完全に攻略するには少々難しいレイアウトでした。 5月末のタカタ練習会に参加出来ていればもう少し上手く攻められたと思いますが、どうしてもスケジュール調整が付かず練習会に参加出来なかったのが悔やまれます。

また、第2ヒートは路面も思ったよりドライになっていたので、タイヤも87RWではリヤの踏ん張りが少々足りなかったかな。 新仕様のリヤサスペンションにしてからはドライ路面をほとんど走れていないので、この辺はセッティング不足が原因だったのかもしれません。 次の切谷内戦までにはなんとかドライ路面でしっかり走り込む機会を作りたいと思います。


これで今シーズンの前半戦が終了。 シリーズランキングは多分4位だと思いますが、トップのチャンピオン鎌T選手と2番手のヴィッツターボS井選手に続く3位以下は僅差の混戦状態なので、後半戦で巻き返せるように頑張ります!

全日本ダートラ第4戦@タカタ・決勝3

イメージ 1

全日本ダートラ第4戦@タカタ、PN2クラスの結果です。

優勝はチャンピオン鎌T選手、おめでとうございます。2位はヴィッツターボS井選手、3位にKワンのO村選手となりました。

僕は6位でした。前半セクションはまずまずでしたが、またしても後半セクションを上手くまとめられずタイムロス。第2ヒートはタイヤチョイスも失敗だったかな。

僕にとってはタカタは得意なコースなので、ここでは表彰台は確保したいところでしたが、6位に終わってしまい残念です。

また次戦の切谷内で頑張ります。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ