スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
14年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位

2013年09月

全日本ダートラ第7戦@タカタ 外撮り映像

先日の全日本ダートラ第7戦@タカタの外撮り映像がYoutube上にいくつか上がっていましたので、NSXが映っているものを集めました。

【第1ヒート】

Norimasa Yamagishiさんのスタート付近に設置された定点カメラで撮影された前半セクション
(NSXは9分20秒から)

takatatechnoさん撮影のキャロッセコーナー
(NSXは26分40秒から)

maiuuuuさん撮影の後半セクション
(NSXは0分53秒から)

 
【第2ヒート】

Norimasa Yamagishiさんのスタート付近定点カメラ映像
(NSXは7分55秒から)

maiuuuuさん撮影の第1ヒートとは別アングルの後半セクション
(NSXは8分15秒から)


皆さん、撮影ありがとうございました。参考にさせていただきます。
 
なお、各撮影者さんのチャンネルのリンクは以下の通りです。(それぞれ全車撮影していただいているようです。)
 
Norimasa Yamagishiさんのチャンネル
 
takatatechnoさんのチャンネル
 
maiuuuuさんのチャンネル

全日本ダートラ第7戦@タカタ 車載カメラ

全日本ダートラ第7戦@タカタの車載カメラです。

コース図は写真の通り、スタート地点が新設された以外は昨年と同じコースでした。

イメージ 1

公開練習終了後に走行ライン上の砂利はかなり掃けていましたが、ここ数年のタカタでの全日本戦では、車が走り出すとまた砂利が出てきて、慣熟歩行時の見た目よりも走行時のグリップは低くなるという傾向があり、また今回はSA1クラスの前に散水が入るということでしたので、第1ヒートのタイヤは74Rを選択。


第1ヒートの映像です。


前半のマツタケ山裏の右ターンで上手く頭が入らず、立ち上がりでアンダー気味になってアクセルオンが遅れてしまいました。モンテカルロコーナーは姿勢を作ってからもう少しイン側に入りたかったのですが、散水の影響で滑りやすくアウト/ミドル/アウトの走りになってしまいました。それ以外はまずまずの走りだったと思います。路面的にはだいたい予想通りの滑りやすさで、こういう路面だとどうしてもアクセルオンを待つ時間が増えてしまいます。


第2ヒートはSA1の前に散水が入ることもありタイヤは87Rを選択。


どこにどれくらい散水しているのか、どれくらいグリップ感があるのか分からないので、前半は少し探りながらの走りではありましたが、大きなミスなく走れました。キャロッセコーナーから高速S字の中盤も上手く走れたと思います。モンテカルロコーナーはもう少しグリップするかと思ったのですが、第2ヒートも思ったほどイン側に入れませんでした。ショートカットからゴールまでもまずまずの走りだったと思います。

自分的にはかなり良い走りが出来たので、これなら入賞間違いなし、表彰台も狙えるだろうと思ったのですが、結果はトップと3秒差の7位。晴れれば絶対勝負出来ると思っていたのですが、まさか今年に限ってSA1の前に散水が入るとは思ってませんでしたし、また予想以上に散水の影響が大きくて、「いかに攻めるか」ではなく「いかに抑えるか」の走りになってしまったので、今回は予想外の悔しい結果となってしまいました。


という訳で、NSXは残念な結果に終わってしまいましたが、SC1クラスではSW20の前D選手がドライ路面で91Rのグリップを生かした走りで見事に優勝! 後輪駆動車による全日本ダートラ初優勝を持って行かれたのは本当に悔しい! でもその難しさを誰よりも知っているだけに本当に嬉しい! 前D選手、おめでとうございます!

全日本ダートラ第7戦@タカタ3

イメージ 1

全日本ダートラ第7戦@タカタ、SA1クラスの第2ヒートの結果です。

優勝は051Y埼選手、おめでとうございます!2位は053稲B選手、3位は052佐T選手となりました。ポイントリーダーだった054岡D選手が4位だったので、チャンピオンは誰なんでしょうか?

NSXは7位であと一歩で入賞を逃す悔しい結果となりました。

第2ヒートもSA1クラスの前に散水が入り、ドライ路面というわけには行きませんでした。とは言え第1ヒートよりはグリップ感のある路面で、内容的にもまずまずの走りだったと思いますが残念です。

これで今シーズンの全日本ダートラ参戦は終了です。なかなか良い結果が出ない中、多くの皆さんにNSXを応援していただいて、本当にありがとうございました。

全日本ダートラ第7戦@タカタ2

イメージ 1

全日本ダートラ第7戦@タカタ、SA1クラスの第1ヒートの結果です。

トップはシリーズランキングトップの054岡D選手、二番手にDC5のN島選手、三番手に053稲B選手となりました。

チャンピオンを争うY埼選手とS藤選手は、なんと最終コーナーイン側のバイロンへのバイロンタッチで撃沈、幻のベストタイムとなりました。

NSXは9番手。

SA1クラスの前に散水が入ったこともありタイヤ選択に悩んだ結果ウェットタイヤを選択。前半は思ったよりも滑りやすい路面でバタバタの走りになってしまいましたが、グリップ感の掴めた後半はまずまずの走りでした。

第2ヒートはもう少し路面のグリップも良くなってドライタイヤが使えると思いますので、しっかり集中して頑張ります!

全日本ダートラ第7戦@タカタ1

イメージ 1

おはようございます。

全日本ダートラ第7戦@タカタ、決勝の朝を迎えました。

決勝のコースは写真の通り、昨日の公開練習のコースを繋げたレイアウトになりました。まあ皆さんの予想通りでしたね。

今は霧に包まれていますが、今日も晴れて暑い1日になりそうです。
ギャラリー
  • 2020年 全日本ダートトライアル選手権カレンダー
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ