スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
14年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位

2013年04月

バネ下重量

NSXのリヤタイヤ用としてレイズ社のG07GRというホイールを使用していました。G07GRは丈夫なのは良いのですが、結構重くて7J-15サイズで7.4kg/本の重量があります。(写真は参考画像)

イメージ 1

僕的にはホイール重量は重視していまして、DC2時代には本来は舗装用の軽量ホイールを全日本の本番用として使っていたのですが、NSXの場合なかなか合うホイールがなくて、同じ15インチでもアームやキャリパーが干渉して履けないホイールが多いんですよね。実際NSXを購入した際に、エンケイES-GRAVEL等も試しに装着してみたのですが、残念ながらいずれも不適合。ダート用ホイールで唯一履けたのがG07GRだった訳です。

ところが、試しに大牟田でO先生のエボ10用のTE37を拝借して装着したところ、アームやキャリパーに干渉することなくNSXでも使用可能であることが判明しました

という訳で、大牟田から帰って早速シュースポーツさんにTE37GRAVELを発注!

イメージ 2

ついでに重量も計ってもらったことろ、TE37GRAVELは5.4kg/本でした。なんと一本あたり2kgも軽量化!

イメージ 3

次の砂川戦から本番でのドライ用ホイールとして使用します。バネ下重量の軽減でタイムアップ間違い無しですわ!

ご参考 → http://syu-sports.com/5183

全日本ダートラ第二戦@大牟田 車載カメラ(決勝)

決勝のコース図は写真の通り。だいたい予想通りのレイアウトでした。

イメージ 1

前日の雨でコースコンディションは完全にウェットでしたが、当日は晴れの予報だったので、第二ヒートにはドライになることが予想されました。

まずは第一ヒート。タイヤは74R。



トイレコーナー内側のサイドターンを失敗してサイド二度引きに。立ち上がりラインも苦しくなって、なかなかアクセルを踏み込めませんでした。また管制塔裏からの立ち上がりでステアリングセンターを見失ってタコってしまい大きくタイムロス。それ以外は大体イメージ通りに走れました。

結果はトップとは大きく離されて6位でしたが、勝負はドライになる第二ヒートなので、ミスした個所だけ修正すれば大丈夫だろうなという感触でした。

今回は昼休みの散水も本当に最小限で、予想通り第二ヒートのSA1では完全にドライ路面に。

第二ヒート。タイヤは87R。



2コーナーは失敗。進入側でリヤが流れ過ぎて、素早くリカバーしたのですが、いったん流れを止めて曲げ直しての二段階コーナリングになってしまい、立ち上がり側でのアクセルオンが遅れてしまいました。第一ヒートのような感じで走りたかったのですが、ちょっと攻め過ぎたかな。

コース後半、第一ヒートで失敗したトイレコーナー内側のサイドターンは、今度は上手くまとめて良いラインに乗って立ち上がりでしっかりアクセルを踏めました。しかし、その立ち上がりでの2速へのシフトアップをミスして入れ直し。加速時のシフトミスは結構タイムに響くので痛いミスでした。それ以外は大体イメージ通りに走れていたと思います。

結果はトップと1.2秒差の6位。久々の入賞ではありましたが、公開練習はトップで、マシンのポテンシャルとしては優勝も狙える状態だっただけに、非常に悔しい結果になってしまいました。

マシン的にはまだまだ速くなる要素がありますし、そろそろ勝負勘も戻って来てると思いますので、次の砂川戦ではまた優勝目指して頑張ります!

全日本ダートラ第二戦@大牟田 車載カメラ(公開練習)

全日本ダートラ第二戦@大牟田の車載カメラ映像です。

まずは公開練習から。コース図は写真の通りです。

イメージ 1

一部コーナーのイン側には、決勝に向けた路面保護のため土嚢が置かれています。午後から雨という予報だったためか朝の散水量は少なかったですね。予報よりも早くSA1の時点で既に雨がパラパラ降り始めていましたが、まだ路面コンディション的にはほとんど影響がない程度でした。

公開練習一本目。タイヤは87R。



見た目はウェットな路面でしたが、ライン上は結構固い下地が出ていたみたいで、87でも全く問題なく走れました。というか、74で走った他の選手に1秒近い差をつけるトップタイムでしたので、74よりも87の方が合っていたということでしょうね。

昼からは本降りの雨になってコース状況もヘビーウェットに。一応ウェットタイヤに履き替えて走る用意はしていたのですが、1セットしか用意していなかった74を決勝に温存したかったのと、かと言って87で走れるコースコンディションでもなくなってしまったので、残念ながら公開練習二本目は不出走と致しました。

決勝に続く…

全日本ダートラ第二戦@大牟田おまけ

イメージ 1

全日本ダートラ第二戦@大牟田、Dクラス優勝はこの人!

マシンも凄いけど走りもお見事、きっちりダートラ走りされてました。

表彰台では開口一番「ダートラ、いいですね!」

やっぱりスターがいると盛り上がりますね♪是非また出て下さい!

全日本ダートラ第二戦@大牟田3

イメージ 1

全日本ダートラ第二戦@大牟田、SA1クラスの結果です。

優勝は地元の大牟田スペシャリスト、054岡D選手、二位はO栗選手、三位は052佐T選手となりました。

NSXは六位で順位を上げることが出来ませんでした。とりあえず久々の入賞ですが、三位以下は僅差のバトルだったので、表彰台を逃してしまったのは残念です。

第二ヒートは完全なドライ路面で、マシン的には優勝も狙える状態だったんですが、運転手が要修行でした…(涙)

とりあえずマシンの方で改良出来る部分が見つかったので、なんとか次戦までに間に合わせて、砂川ではまた優勝目指して頑張りたいと思います。
ギャラリー
  • JAFカップ・オールスターダートラ in 北海道 エントリーリスト
  • JAFカップ・オールスターダートラ in 北海道 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 外撮り動画
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 外撮り動画
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 外撮り動画
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 外撮り動画
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 車載カメラ
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 車載カメラ
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 車載カメラ
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ