スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
14年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位

2011年06月

レーシンググローブ

先日の門前での第二ヒート終了後、レーシンググローブの右手の小指付け根付近が破れていることに気付きました。このグローブは昨年のタカタでの最終戦から本番用として使い始めたのですが、一年と経たずに敗れてしまいました。NSXに乗り換えてからというもの、DC2時代に比べてレーシンググローブの痛みがかなり早いです。
 
イメージ 1
 
僕の場合、穴が開いたグローブは、さすがに今は本番用としては使いませんが、テーピングテープで穴が開いた部分を補修して練習用として使い続けます。昨年のコスモスパークまで本番用として使っていたグローブは、人差し指のところだけ穴が開いたので、そこだけ補修して現在は練習用として使ってます。
 
イメージ 2
 
初心者の頃、チームの先輩から「レーシンググローブは穴が開いたら捨てるもの」と聞いたのですが、当時貧乏だった僕には、ちょっと穴が開いたくらいで捨てるなんて勿体無くてとても出来ませんでした。かといって、さすがに穴が開いたままでは使用に差し支えるので、ウチにあったテーピングテープで補修して使うことを思いついたわけです。ちなみにDC2時代から昨年のコスモスパークまで練習用として使用していたグローブはこんな状態。
 
イメージ 3
 
もう指の部分はほとんど原形をとどめていませんね。これはDC2時代からちょこちょこ補修しながら使い続けていたのですが、写真でテーピングの新しい部分がNSXに乗ってから補修した箇所です。やはりNSXに乗り始めたとたんに穴が増えました。
 
テーピングテープはスポーツ用品店やドラッグストアなどで購入できますが、商品によってはテープの糊がステアリングに付いてベタベタになることがありますのでご注意下さい。ちなみに僕のお勧めはこちらの商品です。
 
イメージ 4
 
という訳で、本番用に新しいレーシンググローブを購入しました。そう言えば、上の三つのグローブはいずれも賞品でもらった品物だったので、自分でグローブを購入するのはもの凄く久しぶりですね。結構丈夫そうなので長持ちして欲しいなぁ。
 
イメージ 5

全日本ダートラ第三戦@門前 走行映像

先週の全日本ダートラ第三戦@門前ですが、NSXの走行映像がYoutubeにありましたので、こちらでも紹介させていただきます。
 
第一ヒートのギャラリーコーナーの映像です。今回観戦にいらした方が撮影して下さったようです。
 
 
 
そして、第二ヒートはダートラファンの皆さんにはおなじみ、ce9aboro3さんの動画です。今回は第二ヒートだけみたいです。NSXは10分40秒からです。
 

 
そういえば、第一ヒートも第二ヒートもミスしたのはギャラリーからは見えないところでしたので、この映像で見えてる部分は悪くない走りですね。

全日本ダートラ第三戦@門前 車載カメラ

先週の全日本ダートラ第三戦@門前の車載カメラ映像の編集がようやく終わりましたので、遅ればせながらブログにUPさせていただきます。
 
コース図は写真の通りです。
 
イメージ 1
 
第一ヒート。タイヤは74R。
 

 
毎年のことながら門前の第一ヒートは砂利が多くて滑りやすい路面です。大体イメージ通り走れていますが、一ヶ所だけ失敗。外周後半のガードレールコーナーの立ち上がりから次の左への切り返し(コース図④)で、ちょっと勢い良く振りすぎて、左コーナーの立ち上がりでアクセルを抜かざるをえなくなってしまいました。
 
これだけ滑りやすいと、NSXではホームストレート以外はほとんど全開に出来ず、ガマンの走りを強いられます。走りのイメージや基本的なコース攻略に関しては問題なかったので、もう少し砂利の履ける第二ヒートには勝負できる手応えはありました。
 
 
第二ヒート。タイヤは87R。
 

 
大きなミスが一ヶ所。コークスクリューの下り左コーナーからの立ち上がりで思ったよりリヤが流れてしまい、次の右への切り返しのタイミングがズレて右フロントを軽くインに乗り上げ、その影響で次の北陸コーナーへの進入ラインも乱れて砂利のたまったアウト側を走ってしまいました。(コース図②から③)
 
GPSロガーでこの区間のタイムを確認したところ、一本目からコンマ6秒も遅くなっており、他のセクションでは砂利の少なくなった二本目は一本目と比較して大体コンマ5秒ずつタイムが上がっていますので、その分も含めるとこのミスで1秒以上のタイムロスとなってしまいました。
 
もう一つ、コース図⑦のところは一本目は良い感じで走れたのですが、二本目は思ったよりグリップが良くて、結果的には抑えすぎになってしまいました。このセクションの二本目の区間タイムが一本目からコンマ1秒しか上がってなかったので、たぶんコンマ3~4秒のロスだと思います。
 
第二ヒートのタイヤ選択に関しては、N1は優勝した082黒K選手も含めてFFは74が正解だったと思いますが、NSXの場合は87で正解でした。昨年は第二ヒートに74を選択して失敗していたので、今回その時の経験が生かせたのと、練習会でも87で砂利が多めの路面でも好感触で走れていたので、NSXでの74から87への切り替えのタイミングは掴めています。
 
 
という訳で、第一戦の大牟田に続いて一つのミスで表彰台を逃してしまう結果となってしまい、攻めた結果とはいえ本当に悔しい限りです。昨年はなかなか限界まで攻めた走りが出来ずにいたので、ミスしてもマージンが残っていて、結果的には大ケガせずに済んでいたわけですが、その代わり一周の中で複数のミスを重ねて大きくタイムロスしていました。今は自分でも限界まで攻めた走りが出来ている手応えがあるのですが、それだけにミスした時にマージンが残っておらず、大きくタイムロスしてしまいます。ただ、一周の中で大きなミスは一つだけ。
 
ドライビングのイメージやコース攻略に関しては、初めて走るコースでも対応できるところまで来ていますので、あと少しドライビングの精度を向上させて、きっちり一周ミスなく走りきれるように、あとはもう練習あるのみ!

チャリティーオークションの御礼

JDCEA会長・高杉選手からのメッセージを選手会の掲示板から転載させていただきます。
 
***
 
6月19日開催の全日本ダートトライアル第3戦ダートスプリントin門前において、JDCEA(ダートトライアル選手会)主催東日本大震災チャリティーオークションにギャラリー及び関係者の皆様には多数ご参加いただきありがとうございました。
 
ご協賛していただいた方々のお蔭をもちまして総額は¥135844でした。皆様の温かい気持ちもいただき選手を代表して感謝しております。
 
走っても見ても楽しめるダートラを目指します。今後ともご理解ご声援の程よろしくお願いいたします。
 
選手会代表 高杉卓志
 
***
 
チャリティーオークションに出品していただいた選手の皆さんも、ご協力ありがとうございました。
 

全日本ダートラ第三戦@門前3

イメージ 1

全日本ダートラ第三戦@門前、N1クラスの第二ヒートの結果です。

優勝は082黒K選手、開幕三連勝おめでとうございます!二番手は地元中部の石Z選手、三番手に085広K選手となりました。

NSXはポイント圏外の12位と撃沈…

本番で初めて87を履いて走ったのですが、前半セクションでタイヤを上手く使えず、二カ所ラインを外して大きくタイムロス。後半は87のフィーリングにも慣れてキチンと走れたのですが、前半のミスが痛かった。

門前の練習会では87で好タイムをマークして良いフィーリングを得ていただけに、本番で上手く使いこなせなかったのが悔しいです。87での経験不足でした。

次戦の砂川までは練習の予定がないので、砂川の公開練習で87を使って本番に備えたいと思います。
ギャラリー
  • 2020年 全日本ダートトライアル選手権カレンダー
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第8戦・切谷内 エントリーリスト
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
  • 全日本ダートラ第7戦・丸和 写真&動画
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ