スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2010年06月

進化

門前ラウンドのあと、次戦以降の戦いに向けてショックをオーバーホールしました。
 
イメージ 1
 
今シーズンは既に今までの一年分以上を走っていますので、この辺で一度リフレッシュしておきたかったのと、あと少々仕様変更(と言うほどの事でもないんですが)をお願いしまして、オーリンズさんの素早い対応でアッという間に仕上がって戻ってきました。いつも短時間で対応していただいて有難うございます。
 
 
あと、新しいリヤ用のホイールも入手しました。
 
イメージ 2
 
今までは純正値に近いオフセットのホイールを使っていたのですが、以前練習のときにスペーサーを使ってオフセットの浅い状態を試してみたところ、タイム的には差はなかったのですが、リヤのトレッドが広がってコントロール性が向上していることが確認できました。
 
ただ、NSXの場合、同じ15インチでも形状によってキャリパーやアームと干渉してしまうホイールが多く、なかなか希望のサイズでNSXに使えるホイールが見つからなかったのですが、たまたま希望のサイズでNSXにも使えるホイールを持っていた方から、なんと無償で貸していただけることになりました!ご好意に感謝感謝です。
 
 
という訳で、次戦砂川ラウンドの前に、ショックとホイールを変えたNSXの動きを確認しておきたいので、7月4日(日)にSSパークで少し走りたいと思います。その翌週には北海道遠征なので、ちょっと準備が忙しくなりそうですが、まあSSパークなら安全だから車を壊すことはないでしょう。
 
2月のシェイクダウンでSSパークを走った時は、全然まともに走れなくて苦労しましたが、今ならSSパークのコースを楽しめると思います。
 
日曜日、晴れないかなぁ…

全日本ダートラ第三戦@門前・車載カメラ

既に一週間が経ってしまいましたが、先週の門前ラウンドの車載カメラ映像です。
 
コース図は先日の現地からの速報の中に載せてありますので、そちらをご参照下さい。
 
まずは第一ヒート。タイヤは74R。
 
 
最初のターン後のストレートは1速2速ともに引っ張りすぎでした。後輪駆動なんだから上り坂で引っ張る必要はないんですが、無意識のうちにFFの時の癖が出てしまいましたね。ギャラリーコーナーからコークスクリュー下りまでの区間は大体イメージ通り走れました。そこから北陸コーナーまでは練習走行では走ってなかった区間でしたが、まずまずな走りでクリア。しかし、残念ながら北陸コーナーでハーフスピン。気を取り直してガードレールコーナーからゴールまでも大体イメージ通りでした。
 
そして第二ヒート。タイヤは迷いましたが74Rを選択してスタート。
 
 
少しラインがズレたり細かいミスはありましたが、スタートから北陸コーナーまではほぼイメージ通り走れました。しかし、ガードレールコーナーで思ったよりもリヤが出てしまって、続く左コーナーへの切り返しのタイミングが狂ってしまい、ステアリングを切って戻してブレーキ踏んでとバタバタして、次の短い直線への加速が鈍ってしまいました。ホームストレートに帰ってくる左コーナーもイメージよりもリヤが流れてしまったため、スピンしないようアクセルを抜いて我慢せざるを得ず、ストレートへの加速タイミングが遅れてしまいました。ゴール前の右コーナーは良かったと思います。
 
コーナー立ち上がりからストレートへの加速こそが武器のNSXなのに、上記二つのミスで加速が鈍ったのは痛かった。データで見てもここでロスした分だけ負けてます。
 
あと、練習走行のときのデータとも比較してみたのですが、第二ヒートのタイヤは86RWが正解でしたね。(DC2なら74で正解だったと思いますが。) 門前に練習走行に来たときに、NSXはDC2よりも早めにドライに替えた方が良い、というデータは掴んでいたのに、それを実戦でのタイヤ選択に生かせませんでした。
 
今後同じミスをしないよう肝に銘じておきます。「NSXのタイヤ選択はランサーに準ずるべし!」

全日本ダートラ第三戦@門前・走行映像

先日の全日本ダートラ第三戦@門前の走行映像が、既に幾つかYoutubeにアップされていますね。
 
既にご覧になっている方も多いかと思いますが、ギャラリーコーナーで撮影された映像をリンクさせていただきます。
 
まずは第一ヒート。ちなみにNSXは5分20秒辺りからスタートです。
 
 
続いて第二ヒート。NSXは4分19秒辺りからです。
 


今回はコースレイアウトのおかげもあって二本とも中間ベストだったので、この映像だけ見てる分には非常に気分良いですね。
 
車載カメラの映像の方はもうしばらくお待ち下さい。

全日本ダートラ第三戦@門前3

イメージ 1

N1クラスの第二ヒートの結果です。

トップは地元のH上選手、昨年のタカタで大クラッシュしてしばらく全日本はお休みしてましたが、地元門前で見事な復活優勝、おめでとうございます!二番手は084黒K選手、三番手082森T選手となりました。

僕は一本目と同じく中間計測ではブッチギリのトップタイムを叩き出したものの、またも外周で一カ所大きなミスがあって、ゴール時点では六位で一旦プールされたものの、最終的には八位に終わってしまいました。

開幕戦に続く二回目の八位ですが、今回は手応えとしては優勝も視野に入っていただけに、開幕戦での八位とは違って本当に悔しい結果です… 帰ってからデータを見てみないと正確には分かりませんが、あのミスさえなければたぶん… と言っても仕方ないですね。

全日本の本番路面でのNSXでの走り方やタイヤチョイスなど、まだまだ色々と経験不足な部分はありますが、徐々にNSXのポテンシャルが結果に結びつきつつありますので、次の砂川では今度こそ結果を残せるように頑張ります!

全日本ダートラ第三戦@門前2

イメージ 1

N1クラスの第一ヒートの結果です。

トップは地元のM谷内選手、二番手は086内T選手、三番手にはチャンピオン本D選手となりました。

僕は中間計測ではトップタイムを叩き出したものの、外周の北陸コーナーでハーフスピン、ほぼ一時停止となって大きくタイムロスしてしまいました。

北陸コーナーは練習ではコース真ん中から入るパターンで良い感じで走れていたのですが、今日の外周をグルッと回るパターンは初めてだったので、ちょっとバタバタして上手く走れませんでした。

幸い天気は曇りで第二ヒートまで雨は降らない予報なので、気を取り直して第二ヒートでの逆転を狙って頑張ります!
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ