スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2009年12月

GPSデータロガー

イメージ 1

以前PD誌でも紹介されていましたが、シュースポーツのY村さんが数年前からDL1を取り入れていたこともあって、僕もGPSデータロガーには興味を持っていました。

ダートラの現場で見たところ、西日本方面の全日本ドライバーの間ではシュースポーツのY村さん達も使っているDL1が主流のようで、一方C地区戦ドライバーの間ではドリフトボックスが主流だったりと、いくつか流派があるようですね。

ただ、いずれも僕にとっては値段が高いなと感じており、またFF系の全日本ドライバーの間での普及率も低かったため、今までGPSデータロガーを導入するには至っておりませんでした。

ところが、最近になってGPSデータロガー自体がずいぶん安く手に入るようになり、非常にコンパクトで高性能なものが一万円以下で購入できるようになりました。また、そういった市販GPSデータロガーに対応したドライビング解析用のソフトがフリーソフトとして入手可能になったため、今や実質一万円以下でGPSデータロガーを導入できます。

http://dp3.jp/dp3/g503s/

という訳で、来シーズンは僕もGPSデータロガーを導入してみようと思います。この解析ソフトは今のところダートラでは使っている選手は少ないみたいですが、どのみちNSXの場合は他のFF乗りの方とデータを比較してもあまり意味がないので、セッティング比較や練習での自分自身のドライビングの比較をメインに使ってゆこうと思います。

内装加工中

イメージ 1

NSXのロールバーを組み込む前に、まずは内装をはがしています。ちなみにロールバーはダッシュ貫通タイプになります。

内装を剥がしてみたところ、床とシート背面のバルクヘッドには予想以上にビッチリとアンダーコートが貼られていました。とりあえず年内はアンダーコートを剥がして終了となりそうです。年明けからロールバーの製作&取り付けですね。

バケットシートはDC2で使っていたものをそのまま使おうと思ったのですが、全体的に色褪せて、染みもあったり、また擦り切れて穴が空いたところをパッチ当てで補修をしていたりと、NSXに装着するには少々みすぼらしい。PDさんにも大きく取り上げてもらっているので、もうちょっとキレイなシートにしたいなと。

そこで、バケットの表面の生地だけ張替えて再利用する予定です。チーム員の紹介で、バケットの生地の張替えをしてくれるお店を教えてもらいました。車を買い替えると、その勢いでついつい財布の紐が緩んでしまいがちですが、ここはもう一度しっかり節約して行かねば。

強化エンジンマウント

イメージ 1

アレックスさんに製作をお願いしていた強化エンジンマウントが完成しました。

エンジンマウントを交換するついでにMTを降ろし、LSDとファイナルギヤを組み込んで駆動系は完成です。LSDとファイナルギヤは既に市販されているATSの製品を使用します。ファイナルギヤは純正が4.0、僕の車にはタイプR用の4.2が入っていましたが、もう少しギヤ比を下げてATSの4.4を使います。

このあとは内装の加工とロールバー取り付け、そしてレイルさんでアンダーガードを製作してもらいます。PDの記事では12月完成予定と書かれていましたが、ロールバーの製作とレイルさんへの入庫の日程が遅れるため、早くても完成は1月末頃という感じでしょうか。

ネットでライセンス更新

イメージ 1

JAFスポーツに今年からJAFのHP上でライセンス更新が可能になったと書いてありました。

で、JAFマイページに登録して更新手続きをやってみたところ・・・

めっちゃ簡単! 10分で終わります!

しかも仮ライセンスは即印刷可能!(写真の紙が仮ライセンス)

本ライセンスは4~5週間後に届くそうです。

う~ん、便利だ。 JAFさん、ありがとう。

一旦着地

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

NSXの足回りが完成して一旦着地しました。

マッドフラップも完成し、タイヤはフロントが185/65-15、リヤが215/60-15を装着してあります。

オーリンズさんから届いていたショックを実際に装着したところ、リヤショックで一部ボディと干渉する部分がありましたが、オーリンズさんにすばやく対応していただいて、改修後無事に装着可能となりました。

車高はとりあえず目一杯上げてみて、タイヤとフェンダーの間に拳が入るくらいのクリアランスにしてありますが、意外と違和感は無いですね。

だんだんダートラ車らしくなってきました♪
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ