スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2009年05月

全日本ダートラ第三戦@タカタ 車載カメラ(決勝)

イメージ 1

続いて決勝での車載カメラ映像です。

コース図は写真の通り、ゴール地点が少し延びただけで、公開練習と同じコースレイアウトでした。

第一ヒート。
前夜とスタート前に降った雨でウェット路面となりました。タイヤは74R、F2.0/R1.8。



走りを見ていた皆さんによると、僕のキャロッセコーナーへの進入は抑えすぎだったようです。立体交差手前の区間もちょっと抑え過ぎたかな。最後の左コーナーで思ったよりもリヤが流れてしまって、左フロントでゴールの黄色いパイロンに触ったかなと思ったのですが、ノータッチだったみたいです。

第二ヒート。
慣熟歩行の前半は、86か91かで悩むくらいドライな路面でしたが、突然の大雨で一気にウェット路面になってしまいました。というわけで、タイヤは迷うことなく74R、F2.0/R1.8。



それまでと同じく全開でキャロッセコーナーへ向かいましたが、坂を上ったところで予想外に大きくジャンプして焦りました。それだけストレート部分のグリップが良くなって車速が乗っていたということですね。キャロッセコーナーはアンダー気味でインを外してしまいました。

そして今回最大の失敗、マツタケ山コーナーでリヤが流れ過ぎて、クリッピングポイントの手前で前に進まなくなってしまいました。ホントはもっと綺麗にドリフトしながら車速を維持しつつ巻き込んで行きたかったのですが、完全にコーナーリングスピードが死んでしまいました。

コース後半、モンテカルロコーナー内周も失敗です。進入で思ったよりもイン側に入り込んでしまって、車半分イン側の土手に乗り上げながらバタバタと走ることになってしまい、ここもコーナリングスピードが死んでしまいましたね。

他にも細かいミスはありますが、こういう路面状況では他の選手も細かいミスはしていると思いますので、やはりマツタケ山とモンテカルロ内周、この二つのミスが大きかったかなと。

現地ではメディアの取材に対しても「シーズンは長いし、まだまだこれからですよ」なんて言ってたのですが、実は今回の成績にはかなり落ち込んでます。タカタに関してはウェットでも勝てる自信があったし、いや、むしろウェットの方が自信があったくらいで、実際第一ヒートはウェットでトップだった訳ですから…

改めて今回のタカタ戦を振り返ってみて、マシンにもドライビングにもちょっと気になるところがあったので、次の砂川にはその辺をしっかり修正して臨みたいと思います。

というわけで、僕は撃沈に終わったタカタ戦でしたが、シュースポーツの大将Y村さんのエボテンが遂に初優勝! いやぁ、めでたいめでたい♪ さすがに今回はHPの更新が早かったですね。

全日本ダートラ第三戦@タカタ 車載カメラ(公開練習)

イメージ 1

全日本ダートラ第三戦@タカタ、公開練習の車載カメラ映像です。

コース図は写真の通りで、ひさびさのキャロッセコーナー左回り復活に、マツタケ山からモンテカルロコーナーまでの高速S字と、なかなか走り応えのある楽しいコースになりました。

タイヤは74R、F2.0/R1.8 でいつも通り。



全体的に硬い下地の上に砂利が乗ったような状態で滑りやすい路面でした。キャロッセコーナーだけは砂利が多くて、結構良い感じで進入したらコーナー途中で砂利に引っかかってイン側が浮いてしまい、かなりヒヤッとしました。

マツタケ山をまわって高速S字最初の右でアウト側の土手にヒットしてストップ。ここは4月に練習に来たときにも走ったコーナーで、その時はほぼ全開で抜けられたのですが、今回はグリップが低くて全開では完全にオーバースピードで曲がれませんでした。

幸い車にはダメージなく、練習走行を再開。モンテカルロコーナーでは2速にシフトダウンしたつもりが4速に入ってしまい、途中で2速に入れなおしてます。

土手にヒットしたあとのコース後半では好タイムが出ていたし、この時点で今回のコースの基本的な攻め方は掴むことが出来たと思います。

タカタ・N1結果

イメージ 1

全日本ダートラ第三戦@タカタ・決勝N1クラスの結果です。

写真の通り五位と撃沈!

第一ヒート終了時には完全にドライ路面になったのですが、慣熟歩行中に強い雨が降って、第二ヒート開始時にはまたしてもウェット路面に。

優勝はゼッケン1番のEP82を駆る地元の谷G選手、二位には前戦に続いて二位ゲットの黒K選手、三位に中部のM田選手となりました。

う~ん、またしても一本目トップからの転落。今はガマンの時ですかね。待てば海路の日和あり。

ちなみにシリーズポイントでは、トップが開幕戦丸和で優勝した本D選手35ポイント、二位が僕で33ポイント、三位に黒K選手で32ポイントと、かなり混沌としてきました。

次の北海道にはテルテル坊主持参で向かいたいと思います。

今度こそ!

タカタ・N1第一ヒート結果

イメージ 1

全日本ダートラ第三戦@タカタ・決勝N1クラス第一ヒートの結果です。

慣熟歩行中に雨が降って完全にウェット路面となった第一ヒート、トップは僕で、二番手にコンマ二秒差でEK9を駆る地元のN田選手、三番手に九州の今I選手となりました。

路面的にはゼッケン順が後になるほど不利な感じでしたが、なんとかトップタイムで終わったので、二本目もこの調子で頑張ります。

昨日の公開練習でベストタイムだった083広G選手は立体交差手前で大クラッシュしてリタイヤ!スタートを待つ僕の前をドナドナされて行きました…

タカタ・決勝コース図

イメージ 1

全日本ダートラ第三戦@タカタ、いよいよ決勝です。

コース図は写真の通り、昨日の公開練習のコースからゴール地点が若干延長されていますが、それ以外は同じコースレイアウトです。

今日は昼頃には雨が降る心配がありそうですが、N1はとりあえず一本目は雨の心配はなさそうです。昨夜の雨で路面は現在ウェットのようです。

では受付&慣熟歩行に行って来ます。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ