スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
14年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位

2009年02月

全日本ダートラ・第1戦@丸和 エントリーリスト

全日本ダートラ第1戦@丸和の受理書が届きました。

主催者さんのホームページではエントリーリストが公開されています。

http://www.man-m3.com/event/JDC2009/frame.html

昨今の経済状況からエントリー台数の減少が心配されておりますが、とりあえず丸和の開幕戦は160台のエントリーを集め、いつも通りの盛況ぶりのようで一安心ですね。

去る人、来る人、クラスや車両を変える人、なにはともあれ、今年も楽しくも苦しい闘いの日々が始まります。Show must go on !

明日は丸和の練習会に参加します。状況が許せば先日紹介した86R/DT2も使ってみようと思います。

ディレッツァ 86R DT2

今シーズンは185/65-15の86RもDTからDT2に進化します。

http://tyre.dunlop.co.jp/motorsport/product/product_dirt_rally.html

以前86R DTを使った時はかなり固いタイヤという印象で、空気圧を1.5くらいに落としてみたり、左右逆履きなんてのも試したりしたのですが、結局N1の路面ではほとんど出番がありませんでした。

SA1やSC1の路面になるとまた違ってくるみたいで、053の川S選手が以前DC2に乗っていた時は結構86を使ってましたし、08年SC1チャンピオンの笹M選手も86を多用してましたね。

僕自身はまだ新しいDT2は使っていないので詳しいフィーリングは分かりませんが、DTに比べるとかなり進化しているみたいですし、僕自身のドライビングもここ数年で少しずつ変わってきているので、一度丸和の練習会で使ってフィーリングを確かめておきたいと思います。

74と85では適応路面が重なる部分が多いので、86を使った方が74との使い分けがしやすいと思いますし、昨シーズンは「まだ早いかな」と思っても結構無理して91を使っていた部分もあるので、86であればもう少しドライビングの自由度が大きくなって、自分本来の走りでコースを思い切って攻められるかなと期待してます。

開幕戦の丸和と第二戦の大牟田は、天気が良くても昼休みに大量に散水されるので、86R DT2の実戦投入はタカタからになりそうです。

高速道路 1000円

麻生内閣が景気対策の一環として打ち出した「高速道路1000円」。

http://www.mayflowers.tv/

定額給付金ともども賛否に就いては色々とご意見もあるでしょうが、高速道路を使って全国を転戦する我々にとっては大変ありがたいことです。

ちなみに、僕の09年度ダートラ予算に照らしてコスト削減効果を試算してみたところ、仮に4月から実施されたとすれば1シーズンで約10万円程度のコスト削減が見込めます。

4月は全8戦の中でも高速料金が最も高い九州遠征があるし、九州の次に高速代が高いタカタでの練習走行も4月に予定しているので、是非それまでに実施して欲しいところです。

ブレーキパッド交換

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

BRIGさんから新しいブレーキパッドが届いたので、二年ぶりにブレーキパッドを交換しました。

ちなみに僕は前後とも type DIRTRA の ハード(DH) を使っています。

http://www.brig-bb.co.jp/jp/dirtra.html

僕の場合、DC2で走るのは、ダートラでの全開走行以外はほとんどが高速道路での移動ということもあり、実際のところブレーキパッドはほとんど減りません。

ちなみに、写真の古いパッドは右フロントに付いていたパッドですが、二年間使用したにも関わらず全然減ってませんでした。ほぼ九部山という感じでしょうか。

開幕戦までにはローターとしっかり馴染むようにしたいと思います。

ぃよ!千両役者!!

イメージ 1

スバルの突然のWRC撤退でシートを失い、その後自分のチームを立ち上げ、8年落ちのクサラWRCで地元ノルウェイからWRCに戻ってきたソルベルグが、そのラリー・ノルウェイのSS1でまさかのベストタイム!

たしかに2キロ弱のスーパースペシャルステージでの出来事ではありますが、とは言えここでベストタイムを奪うところが憎いですよねぇ。

そのSS1の映像はWRCの公式サイトでご覧になれます。

→ http://www.wrc.com/jsp/index.jsp?lnk=300
ギャラリー
  • ライセンス更新
  • JAFモータースポーツ表彰式
  • JAFモータースポーツ表彰式
  • 招待状
  • 企画書
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ