スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2009年01月

2008全日本ダートラ第7戦@京都 ビデオ

2008全日本ダートラ第7戦@京都コスモスパークの走行映像です。

全日本ドライバーにはあまり人気のないコスモスパークですが、僕は結構好きなコースです。2007年は大雨で路面も酷い状態になってしまいましたが、2008年は天気も良くて路面状態も悪くなかったと思います。


決勝第一ヒート、タイヤは74R。



この映像では見えないコース一番奥の部分で大きなミスがあり、また最終コーナーも立ち上がりでアンダー気味にアウトに流れてしまって、結果はトップの084内T選手に6/100秒差の二番手でした。


決勝第二ヒート、タイヤは91R。



結果は優勝でシリーズチャンピオン決定!

昼休みに埃対策の散水&塩カリ散布があり滑りやすい路面になっていますが、上手く進入スピードをコントロール出来たと思います。最終コーナー手前の左コーナーで突っ込みすぎてインを外したため最終コーナーのラインが苦しくなりましたが、サイドちょん引きで上手く回り込ませることが出来ました。

この映像を見ながら、全日本ダートラでも最近すっかりお馴染みとなったA久津アナの絶叫を聞いていると、あの時の緊張感と興奮がよみがえってきます。

そして間もなく新しいシーズンが始まります!

2008全日本ダートラ第5戦@切谷内 ビデオ

2008全日本ダートラ第5戦@サーキットパーク切谷内の走行映像です。

第一ヒート、タイヤは74R。
前夜からの雨のため完全にウェットコンディションとなりました。



もっとグチャグチャな路面かと思いましたが、前日の公開練習である程度砂利が掃けていたのと、コースが斜面に作られていて水掃けが良いのか、意外にグリップ感があって走りやすかったです。

スタートを待っている間に082児J選手がマシントラブル(シャフト折れ)で完全にスローダウンしているのが分かったので、第一ヒートは無理せず3位以内をキープできればOKという作戦でそれ程攻めてません。結果はDB8を駆る083のH上選手がトップ、僕は0.4秒差の二番手でした。

当日の朝の天気予報からして、この日はウェットで第一ヒート勝負だなと考えていたので、「二番手なら御の字、児J選手が撃沈したから、これでシリーズポイントも逆転トップだな」なんて思っていたのですが、まさかこのあと急激に天候が回復して、第二ヒートで91を使うことになるなんて、この時点では全く考えてもいませんでした…


で、第二ヒート、91R/DT2がデビュー。
第一ヒートのN1クラス走行後から急激に天候が回復し、あっという間に路面もドライに。完全に仕切り直しです。



以前にブログにも書いた通り、一ヶ所ギャップにはまって右フロントホイールのリムを割ってしまったのですが、このビデオでもハッキリと「バコーン!」という音が聞こえます。幸いバーストせずにゴールまで走れましたが、あれでラインもズレて立ち上がりでちょっと失速気味になってしまいました。結局同じDLユーザーで91R/DT2を履いた084内T選手が優勝、僕は二番手でした。

ここで見せた91R/DT2のパフォーマンスは、N1クラスのBS勢にとって、かなり脅威に感じたのではないかと思います。

IRCモンテカルロラリー

イメージ 1

今年はWRCから外れIRC開幕戦として開催されたモンテカルロラリー。

終始S2000マシン同士によるトップ争いが繰り広げられ、結果はプジョー207・S2000を駆るS・オジェが優勝。

今ラリーが実戦デビューとなったシュコダ・S2000はユホ・ハンニネンのドライブでDay2終了直前までトップだったのですがパンクでポジションダウン、最終的にはヤン・コペッキーが4位という結果で残念ながらデビューウィンならず。

IRCのHPでは、欧州でテレビ放送された各Dayハイライトなどの動画がご覧になれます。英語が分からなくても結構楽しめると思いますよ。

http://www.ircseries.com/html/Default.asp

全日本ダートラも、毎戦各クラスの上位6台分だけでもネット上で動画で見られると、ファンにとっては嬉しいと思うんだけどなぁ。以前プレイドライブさんがHPで動画を載せてくれてましたけど、あれをまたやってくれませんかね?

2008全日本ダートラ第3戦@砂川 ビデオ

2008全日本ダートラ第3戦@オートスポーツランド砂川の走行映像です。

決勝第一ヒート、タイヤは74R。コース下段の走りが見られないので少々間延びしてしまいますが、その辺りは以前の車載カメラの映像をご参照下さい。



前日の雨の影響が残っていたため第一ヒートはウェットコンディション。最後のパイロンスラロームで一本引っかけてしまったので、パイロンタッチのペナルティ5秒が加算されましたが、タイムだけなら三番手タイムでした。


決勝第二ヒート、タイヤは74R。



結果は三番手でした。

慣熟歩行では完全にドライ路面だと思ったのですが、車で走ってみると意外に表面が柔らかくて結果的には74Rが合ってる路面でした。映像では見えない下段のS字で一ヶ所イン側を引っかけて片輪走行してます。あと最後のパイロンスラロームは1速で行ったのですが、ここは2速で行った方が速かったかな。


今振り返ってみると、砂川は08シーズンのターニングポイントになった一戦でした。上記のようにあわや転倒かという片輪走行もあり、結果的には残念ながら3位だったのですが、逆に言えばそこまで攻めた走りが出来たということ。それまでは74Rの特性が掴みきれず、どうしても自信を持って攻める走りが出来なかった訳ですが、このあと第4戦の丸和からは自信を持って74Rで攻めることが出来るようになりました。

オーバーホール完了

本日、各部のオーバーホールを終えて、DC2がモベルさんから戻ってきました。

エンジンマウントを新しくしたため、以前よりもエンジンの振動が車内にビリビリと伝わってくるようになりました。逆に言えばそれだけヘタっていたということでしょうね。

デフやショックをオーバーホールして、足回りのブッシュも新しくなったので、街中を少し走っただけでも随分とフィーリングが良くなりました。

しばらくは軽く各部の慣らし運転をして、予定通り2月には丸和の練習会で今シーズンの初走行となりそうです。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ