スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
19年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  3位
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位

2008年07月

全日本ダートラ@切谷内 エントラントリスト

全日本ダートラ第五戦@切谷内のエントラントリストが主催者さんのHPで公開されています。

http://www.tohoku-rabel.com/ivent803.html


そういえば、今月は早くもPDが届きました。

巻頭特集の丸和KYBコーナーの走り方、なかなか面白いですね。
連続写真も撮られていたとは知りませんでした。週ゴンの激闘連写分析を思い出すなぁ。
写真は第一ヒートの時に撮ったみたいですけど、この時は上手く走れていたので良かったです。
偉そうなこと言っておいてミスってたら格好悪いもんね・・・

ホイール落札

イメージ 1

今シーズンは全日本の本番用のホイールとして、ドライ用&ウェット用ともにハートCP-Fを使って来たのですが、いくつかクラックが入っているのを見つけたので、やばそうなホイールは処分。

代わりに写真のリーガマスターをオークションで落札して、切谷内からウェットの本番用として使います。ダート用に使うには勿体無いくらいのグッドコンディションですが、落札価格は¥39800。ラッキーでした♪

ドライ用には引き続きハートCP-Fを使いますが、なぜリーガマスターがウェット用かというと、泥が着いても洗うのが楽な形状だから!ハートCP-Fは細いスポークが沢山あって洗うのが面倒なんですよ(笑)

いろいろ届いてます

イメージ 1

イメージ 2

8月3日(日)に青森県のサーキットパーク切谷内で開催される全日本ダートラ第五戦の受理書が届いてました。

エントラントリストが同封されてなかったので何台エントリーしているのか分かりませんが、全日本が開催されるコースの中でも切谷内は好きなコースなので今から走るのが楽しみです。

二年前の開催のときも路面コンディションが良かったのが印象に残っていますが、情報では今回もコース整備はバッチリしてくれるみたいですね。

そして、ついこのあいだ第六戦@門前の申し込みをしたばかりだというのに、もう第七戦@京都コスモスパークの申込用紙が届いていました。そう、第六戦と第七戦のインターバルはわずかに二週間しかないんです。

実は京都コスモスパークも好きなコース。昨年はちょうどこのブログを始めた直後、6月末頃の開催でしたが、土曜日の公開練習では好タイムをマークして手応えをつかんでいたものの、日曜日の決勝は大雨となり、あわや転倒の壁走りを披露してダートラ人生初の最下位という結果に!

しかし、同じく京都コスモスパークで開催された11月のJAFカップでは優勝!6月の全日本の公開練習の時に掴んでいた手応えが間違っていなかったと、自分でも納得の出来る走りでした。

シーズンが始まる前から予想はしていましたが、切谷内→門前→コスモスパークの夏場の三連戦の結果がシリーズの行方を左右しそうです。

頑張ります!

丸和カップ 車載カメラ映像

イメージ 1

先日の丸和カップ第四戦、FSCダートトライアルの車載カメラ映像です。


まずは第一ヒート。
タイヤは74R、エアはF2.0/R1.8です。


今回はR(レギュラー)2クラスでのエントリーでゼッケン77番、路面的には74Rがちょうど合ってる路面だったと思います。

コース一番奥の左コーナーは、全日本の開幕戦のときは2速でパワーバンドをキープできたのですが、今回は立ち上がりで5000回転くらいに落ちてしまって、ちょっと失速気味になってしまいました。結構良い角度でコーナーに入って行ったんですが、リヤがアウト側にたまった砂利にひっかかって、それで旋回速度が落ちてしまったんですね。

ストレートの途中から右に入って次のシケインでは、進入で少し突っ込みすぎて立ち上がりでのアクセルオンが遅れました。ゴール前のテクニカルの左ターンの進入もちょっと突っ込みすぎかな。


第二ヒート。
タイヤは第一ヒートと同じです。


見ての通り、最初のS字の途中で3速へのシフトアップを失敗、もう一度入れなおしたら5速に入ってしまい、岬手前の左コーナーで2速に入れ直すまで惰性で走ってしまいました。

コース一番奥のコーナーは一本目の走りから判断して今度は1速に落としてみましたが、第二ヒートではアウト側の砂利も飛んでクリーンな路面になっていたので、やっぱり2速のままのほうが良かったですね。その後もリズムに乗れず、最後のテクニカルもタイミングが合わず、全体的にいまいちな走りでした。


第三ヒート。
タイヤは91R、エアはF1.8/R1.7です。


午後は曇り空になってしまって、当初予想したほどドライ路面になりませんでした。普通だったらとても硬質路面用タイヤを使おうという気にはならない路面でしたが、今回はテストということであえて91を使用。

実は手持ちのDT2が二本しかなくて、フロントにDT2、リヤに旧スペックのDTを履いて走りました。そのため、DT2のフロントはそこそこグリップ感もあり、スッポ抜けてアンダーになるような場面も無かったのですが、DTのリヤはこの路面ではグリップが不足しており、コーナリング中に横Gが乗ってきたところでリヤだけ堪え切れずにズルッと流れてしまいます。

コース前半から中盤では、コーナリング中に流れてしまうリヤをステアリング操作でなんとかリカバーしながら走りました。コース後半1/3くらい(KYBコーナーから先)は、路面もかなりドライだったのでリヤの挙動も安定して、良い感じで91のグリップを活かして走ることが出来ました。最後の1/3だけでかなりタイムを稼いだんじゃないかな?

前後ともDT2だったらこの路面でも良い走りが出来たと思うので、次の全日本@切谷内に向けては良いテストになったと思います。

丸和カップ第三ヒート

イメージ 1

丸和カップ、終了しました。

第三ヒートの結果は、なんとか自分の第一ヒートのタイムを一秒ほど更新して、僅差ですが逃げ切り優勝!

ふぅ~、危ない危ない…

残念ながら第三ヒートは91がマッチするまでドライ路面にはならず、前半セクションは暴れる車をかなり必死で抑えつけ、ゴール前の僅かなドライ区間でなんとかタイムを稼いで優勝。普通に74で走ってればあと一秒くらいは縮まったと思いますが、まあとにかく勝てて良かったです。

いちおう車載カメラの映像がありますので、後日アップします。

ではこれから帰ります。選手、オフィシャルの皆さん、お疲れ様でした。
ギャラリー
  • 丸和カップ第3戦 エントリーリスト
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦 車載カメラ
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(2)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦(1)
  • 丸和カップ第2戦 エントリーリスト
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ