スイフトスポーツ(ZC33S)で全日本ダートトライアル選手権PN2クラスに参戦、シリーズチャンピオン獲得を目指して頑張ります!

<過去5年の戦績>
18年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位
17年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
16年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  8位
15年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  5位
14年度 全日本ダートトライアル選手権 PN2クラス シリーズランキング  4位

2007年12月

今後の予定

もういくつ寝るとお正月~♪

という訳で、僕のDC2は現在ボディ補強&各部メンテナンスのためバラバラになっております。

作業の仕上がりは2月中旬頃の予定で、来シーズンの始動は2月23日(土)or24日(日)の丸和練習会の予定。それも含めて、全日本ダートラ開幕戦までの間に2~3回は練習しておきたいと思います。

このブログを始めてから約6ヶ月。総訪問者数は6000人を超え、月平均1000人以上の方がこのブログにご訪問いただいております。

DC2が仕上がるまでの間はネタがないので、このブログもしばらくは冬休みモードであまり更新出来ないと思いますが、来シーズンも頑張ってブログを継続して行きたいと思いますので、これからもよろしくお願い致します。

皆さん、良いお年を!

ライセンス更新

イメージ 1

そろそろライセンスを更新しないといけませんね。

ということで、申請書に必要事項を記入。前年と同じ写真を使用する場合は写真添付は不要なので、あとはチーム印を押せばオッケーです。

昨夜は現在僕が所属しているラリーチーム・サクセスのチャンピオン祝賀会&忘年会で、皆と楽しく飲んで食べて、最後はM隈さんのお宅に場所を移して奥様の手作りケーキまでいただいてしまいました。

RTサクセスはラリー中心のチームで、今年は東日本ラリー選手権のチャンピオンと群馬県戦のチャンピオンを輩出しています。

そういう環境ですので、いつの間にか僕もラリーにスポット参戦してはどうかという話になり、じゃあチーム員の車をレンタルして、全日本ダートラのスケジュールが空いている五月に地区戦に参戦したら、いやいやいきなり全日本に出ちゃえ、どうせ全日本に出るなら北海道のイベントに、みたいな話で盛り上がりました。

まあ、昨日の話はあくまでも酒の席での話ですけど、ひょっとすると来年はラリーにスポット参戦してるかもしれませんね。

2008年度 C 地区戦日程

08年度のC地区戦の日程をご紹介。

全10戦、内訳は丸和が4戦、新潟が2戦、千葉、須賀尾、野沢、信州が1戦ずつとなっています。

 3/16 千葉
◆4/06 須賀尾
 4/27 新潟
ぁ5/11 丸和
ァ6/15 野沢
Α6/29 丸和
А7/13 信州
─8/17 新潟
 9/07 丸和
 10/05 丸和

08年度の全日本のスケジュールでは、第2戦の九州ラウンドから第3戦の北海道ラウンドまで約1ヶ月半のインターバルがあり、5月は丸々予定がありません。

この間、実戦感覚を維持するためにも、5月11日の丸和でのC地区戦には参戦しようかなぁと思ってます。(まだ来年の話なのでちょっと気が早いですが…)

C地区戦では、前年度の全日本チャンピオンは出場資格がありません。しかしクラスを変えれば出場OKとなりますので、来シーズンのC地区戦出場の際には必然的にNではなくSAでのエントリーとなります。

C地区戦のSA1クラスは、05年度全日本SA1で開幕3連勝を飾ったオクヤマシビックのT田選手、06年度全日本SA1チャンピオン山D選手、07年全日本SA1チャンピオンK島選手らを輩出しており、地区戦ドライバーのレベルの高さと層の厚さはかなりのもの。

N車両のDC2でC地区SA1にエントリーして勝つのはかなり難しい訳ですが、逆に緊張感があって良い練習になるかな。C地区SA1にエントリーする皆さん、お手柔らかに。

ようやくシーズンオフ

イメージ 1

先週の関東フェスティバルをもって僕の今シーズンのイベント参加は終了しました。

これからのシーズンオフの間に、今シーズン共に戦った愛機のメンテナンスを行います。

今年は第二戦の直前に丸和での練習中に車を全損にしてしまい、急遽第二戦に間に合うように新しい車を用意したため、現在使用している車はボディは無補強で作りました。

それでも、乗り始めた当初は前に使っていた車(4シーズン使用)に比べてボディはむしろシャキっとしている印象だったのですが、さすがにシーズン後半くらいからはミシミシ音が出始めるようになりました。

という訳で、シーズンオフのメンテナンスメニューとしてはまずはボディ補強。エンジンはシーズン途中で載せ替えて現在絶好調だからこのままで良し。ショックもシーズン後半にオーバーホールしてからあまり走ってないので良し。あとは、MT&デフのO/Hを中心に、その他痛んでいる部分があれば手を付けて行くことになるかな。

とりあえず、手始めに洗車&車内の清掃、そして、来シーズンのカラーリングに備えて現在貼ってあるステッカーを剥がしました。これでパッと見は普通の車です。

関東フェスティバル 車載カメラ

先日の関東フェスティバル・丸和イーストジャパンミーティングでの走りです。

第一ヒート。
タイヤは185/60-15の73R、エアはF1.9/R1.8です。
今回は画角が広めでシフトチェンジの様子も見えると思いますので、詳細は省かせていただきます。
スタートまで約35秒あります。あと、ゴール後はパドックに戻るまでスイッチが付いたままでしたので、適当なところでストップして下さい。


今回は関東地区のクラス区分での開催のため、DC2はN3クラスとなりますので、出走順としては50番目くらいでした。そのため僕のスタート時には既にある程度ラインが出来ていたのですが、自分のラインとは合わないので、最初のS字は出来ているラインは無視して自分のラインで進入。当然車が暴れて気持ち良く走れませんでしたが、まあ普段の丸和では良くあることなのでしょうがないですね。

今回のコースではダンロップヘアピンと最後のテクニカルセクションで3速から1速に落とす場面があったのですが、第一ヒートでは両方とも慎重になりすぎて車速を必要以上に落としすぎてしまいました。第一ヒートでのミスらしいミスといえばこの二ヶ所でしょうか。他はまずまずの走りで、結果はトップタイムのH上選手に5/1000秒差の二番手。ちなみにH上選手は僕とは逆に、上記二ヶ所の1速に落とす場面ではオーバースピードで突っ込みすぎたそうで、お互い同じところでミスしてタイムもほとんど同じだったという訳ですね。

第二ヒート。
タイヤは185/60-15の85R、エアはF1.8/R1.7です。
スタートまで約50秒ありますので適当に飛ばして下さい。


昼休みに軽めの散水がありましたが、基本的にはライン上は砂利が履けていて、見た目は85Rがバッチリ効きそうな路面でしたが、走り出してみると意外にグリップ感が低く、ゴール後もあまりタイヤが減っていませんでした。路面温度が低かったからでしょうかね。特にブレーキングでの食い付きが悪かったみたいで、どうしてもオーバースピード気味にコーナーに入ってしまうため、余計にスライドしてしまうという状態でした。そのため、ドライタイヤでの走行にしては普段よりもスライド量多めの走りになりました。

第二ヒートでは第一ヒートでミスした二ヶ所は無難にまとめましたが、ストレートエンドの右ヘアピンでは予想以上にスライドしてしまい、なんとかステアリングで修正しつつアクセルを抜かないように頑張りました。ここではN3クラス第一ヒートトップのH上選手や全日本SA1チャンピオンのK島選手も第二ヒートではスピンしており、僕もギリギリセーフといった感じでしたね。

ゴール後、今回アナウンスを担当した絶叫アナ阿久津さんの「ベストタイム更新!」のアナウンスが聞こえます。やっぱりラストゼッケンでの「ベストタイム更新」のアナウンスが聞こえると気分良いですね!
ギャラリー
  • ライセンス更新
  • JAFモータースポーツ表彰式
  • JAFモータースポーツ表彰式
  • 招待状
  • 企画書
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
  • 全日本ダートラ第10戦・タカタ 写真
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ