全日本ダートラ第7戦@タカタの車載カメラです。

コース図は写真の通り、スタート地点が新設された以外は昨年と同じコースでした。

イメージ 1

公開練習終了後に走行ライン上の砂利はかなり掃けていましたが、ここ数年のタカタでの全日本戦では、車が走り出すとまた砂利が出てきて、慣熟歩行時の見た目よりも走行時のグリップは低くなるという傾向があり、また今回はSA1クラスの前に散水が入るということでしたので、第1ヒートのタイヤは74Rを選択。


第1ヒートの映像です。


前半のマツタケ山裏の右ターンで上手く頭が入らず、立ち上がりでアンダー気味になってアクセルオンが遅れてしまいました。モンテカルロコーナーは姿勢を作ってからもう少しイン側に入りたかったのですが、散水の影響で滑りやすくアウト/ミドル/アウトの走りになってしまいました。それ以外はまずまずの走りだったと思います。路面的にはだいたい予想通りの滑りやすさで、こういう路面だとどうしてもアクセルオンを待つ時間が増えてしまいます。


第2ヒートはSA1の前に散水が入ることもありタイヤは87Rを選択。


どこにどれくらい散水しているのか、どれくらいグリップ感があるのか分からないので、前半は少し探りながらの走りではありましたが、大きなミスなく走れました。キャロッセコーナーから高速S字の中盤も上手く走れたと思います。モンテカルロコーナーはもう少しグリップするかと思ったのですが、第2ヒートも思ったほどイン側に入れませんでした。ショートカットからゴールまでもまずまずの走りだったと思います。

自分的にはかなり良い走りが出来たので、これなら入賞間違いなし、表彰台も狙えるだろうと思ったのですが、結果はトップと3秒差の7位。晴れれば絶対勝負出来ると思っていたのですが、まさか今年に限ってSA1の前に散水が入るとは思ってませんでしたし、また予想以上に散水の影響が大きくて、「いかに攻めるか」ではなく「いかに抑えるか」の走りになってしまったので、今回は予想外の悔しい結果となってしまいました。


という訳で、NSXは残念な結果に終わってしまいましたが、SC1クラスではSW20の前D選手がドライ路面で91Rのグリップを生かした走りで見事に優勝! 後輪駆動車による全日本ダートラ初優勝を持って行かれたのは本当に悔しい! でもその難しさを誰よりも知っているだけに本当に嬉しい! 前D選手、おめでとうございます!