イメージ 1

コスモスパーク戦の前にドライブシャフトをオーバーホールしたのですが、その際に予備として持っていたドライブシャフトがかなり錆だらけになっているのに気付きました。

以前は本番用と練習用のドライブシャフトを用意して、全日本の前後にシャフト交換をしていたので錆びることもなかったのですが、最近はシャフトを折ることもほとんどなくなったため、せいぜいシーズン中に一回交換するくらい。

とは言え、やはり予備のドライブシャフトは常に用意しておかないと不安ですので、練習だろうが本番だろうが持ち歩いています。インボード側とアウトボード側のジョイント部には軍手を被せてはあったのですが、なにしろダートラ場の環境は苛酷。ジョイント部に砂や泥が付いたり、雨の日はカバーの軍手もビチャビチャに濡れてしまったり。

という訳で、ダートラ会場で他の選手の荷物の中に良く見かける塩ビパイプ製の予備シャフトケースを作ってみました。ホームセンターで内径100ミリの塩ビパイプとフタを買ってきたら組み立てて完成! 実に簡単です。費用は3000円程度。

ちなみに、今週末は久々に丸和に練習に行こうと思います。前回丸和で練習したのは6月中旬ですから、もう三ヶ月以上も丸和に練習に行ってないことになりますね。最近は全日本の本番コンディションを意識した練習が続いて、おかげでかなり我慢の走りが出来るようになったのですが、丸和では久々にスカッと楽しく走りたいですね♪

そういえば那須にアウトレットが出来て、西那須野インター周辺は渋滞が酷いという話を小耳に挟んだのですが、矢板インターと丸和のルートだったら大丈夫なのかな?